2015年12月26日

今朝の家庭菜園

blog-20141213-03.jpg

おはようございます。
今朝は久しぶりに家庭菜園のお手入れを。気温も下がり億劫になっていたこともありますが、春夏と違い秋冬の家庭菜園は成長が遅く、お手入れする必要が無いというかなんというか。なかなか収穫までつながらず、水遣り以外は完全放置となっている可哀想な家庭菜園でございます。


20151226-izakaya-wakuwaku-200.jpg
先月末に種から育て始めたフェヌグリークは、ここまで成長。
育て方の情報が少なく、栽培時期もたぶん4月ぐらいが種まきなんじゃねえかということぐらいしか分からず。取りあえず植えてみっかと11月から始めておりますが、今のところは無事に成長しているのではないかと。

20151226-izakaya-wakuwaku-100.jpg
当初は家の中で育てておりましたが、チビ助に引っこ抜かれてからは外での栽培に。やっぱり温かいところの植物だからか、外に出した途端成長は鈍っているようなので、そろそろ家の中で育てようかと。

うなるぐれえ旨いバターチキンカレーを作るためには必須なフェヌグリーク/カスリメティ。種から育てる壮大なカレー計画ですが、ここで枯らしちまうわけにもいかんということで、そろそろ過保護になる予定でございます。


20151226-izakaya-wakuwaku-300.jpg
パクチーは春夏に植えたものよりも盛大に成長。
摘んでも摘んでも次から次へと新しい葉が出てくる優秀な葉野菜ですが、家族でパクチーを食べるのは私だけ。水遣りした途端にパクチーの香りがふわっと漂いますが、どうもチビ助と旦那は不快なようで、一度折れた枝を水挿しにしてリビングに飾った時は、猛抗議の末に即刻撤去という憂き目に遭っております。


20151226-izakaya-wakuwaku-400.jpg
種まきの時期を逃してしまった小松菜と春菊は、ひと月たってもこんな感じ。
栽培は容易と聞いておりましたが、やっぱり種をまくのが遅すぎたようで、このままでは本格的に寒くなる頃には枯れちまうんじゃねえかと。小松菜と春菊こそ、家計を助ける救世主的野菜ではないかと期待しておりましたが、このままでは徒労に終わりそうですな。


その他スープセロリや小ねぎ、ルッコラ、イタリアンパセリは順調に育っておりますが、普通のパセリがアブラムシの被害によりほぼ壊滅状態。秋から冬はアブラムシも少ないと聞いておりましたが、我が家ではパセリにだけ大発生しており、収穫も出来ない状況となっております。

パセリはレシピページの画像に必要なことが多く、わざわざスーパーで買うのもアホらしいので栽培で賄っておりましたが、どうもこの時期は苗も売っていないようで。今後も間違いなく必要になるので、どこかに売っていないかと少し大きなホームセンターまで足を伸ばしてみようかと考えております。


ではでは、本日も張り切って主婦業に励みたいと思います♪




にほんブログ村 主婦日記ブログ 戦う主婦へ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ    
こんなブログですが、ポチっと応援してくれる方がいるようで、とてもうれしいです♪
この場でしかお伝えできませんが、いつもありがとうございます♪


スポンサードリンク
posted by 主婦A子 at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | A子の一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コメントお待ちしております♪
コメントを書く
お名前:

メールアドレス/未記入でかまいません:

ホームページアドレス/未記入でかまいません:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431701831

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。