2015年12月20日

しみウマ〜のイカ大根

blog-20150114-03.jpg

おはようございます。
先日から続く瞼の痙攣が一向に治まらず、何をするにも異常に目が疲れるため朝から絶不調でございます。

昨日調べたように本当に眼瞼痙攣となると、進行の度合いによってはそのうち目が開けられなくなっちまうとかなんとか。治療にはボツリヌス療法、いわゆるボトックスが有効とのことですが、どうせやるなら治療ではなく美容目的として、デコッパチや目尻あたりにボトックスを打ちたいと切に願っておりまする。


20151217-izakaya-ika-daikon-200.jpg
ここ最近大根がやたらに安いということで、でっけえ大根をどか〜んと使ったイカ大根を。
大根をでっかく切っているため、味がしみ込むまでにちょいと時間がかかりますが、その分大根の旨味としみ込んだイカの旨味を一緒に味わえる、しみじみとおいしいイカ大根に。口に入れると旨味を含んだ大根の汁がじゅわ〜っと広がるイカ大根でございます。


20151217-izakaya-ika-daikon-400.jpg
大根はやわらかくなるまでしっかりと下茹で。面取りと隠し包丁を入れた大根を、米の研ぎ汁か生米ひとつまみを入れた鍋で一緒に煮込み、大根臭さを取り除きます。


20151217-izakaya-ika-daikon-500.jpg
ゲソと胴を時間差で煮込むことで、やわらかいイカの仕上がりに。厚く切った大根にもしっかりとイカの旨味をしみ込ませるため、イカの出汁が出るゲソと大根を30分ほど煮込み、残り5分になったら胴部分を入れて煮込みます。

この煮込み方なら、しっかり味がしみ込んだ大根とやわらかいイカの両立が可能。分厚く切った大根の旨味もダイレクトに味わえるおいしいイカ大根になります。


20151217-izakaya-ika-daikon-200.jpg
時間に余裕があれば、一晩寝かせるか一度冷めるまで置いておくと、さらに味がしみ込んだイカ大根に。なんとも地味な料理ですが、ちょっとしたひと手間でぐぐっとおいしい煮物になります。

詳しい作り方はこちら「イカ大根/イカと大根の煮物」
http://www.kashikoi-life.sakura.ne.jp/izakaya/2015-february-01.php


ではでは、本日も張り切って主婦業に励みたいと思います♪




にほんブログ村 主婦日記ブログ 戦う主婦へ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ    
こんなブログですが、ポチっと応援してくれる方がいるようで、とてもうれしいです♪
この場でしかお伝えできませんが、いつもありがとうございます♪


スポンサードリンク
posted by 主婦A子 at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | A子の一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。